GYM

レイアウト・デザインジム

スライド

素材ダウンロードリンク

[素材集.zip]~ギガファイル便~

コピペ用本文使用テキスト1

分かりやすさだけでもなく、見た目だけでもない。私がデザインを制作する上で最も大切にしているのは、相手にとっての最適な「かたち」を提案することです。場合によっては見た目がフィーチャーされ、場合によってはわかりやすさを重視するかもしれません。最適なかたちは、相手への思いやりに私自身のセンスを足すことで生まれると考えます。

コピペ用本文使用テキスト1

Current status

あまりゲームをやる方ではないのですが、ひょんなことからゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドに激ハマり中。プレイのしすぎて結膜炎になり、今は目が真っ赤です。

コピペ用本文使用テキスト2

Announcement

UIデザインとグラフィックデザインを中心に活動しています。制作のモットーは「マーケティング」。デザインを届ける相手が誰なのか、何に課題を感じているのか、どうしたらその課題を取り除けるのかを真摯に考え、調査し、デザインします。もちろん、制作後もデザインの一部。行動データやフィードバックをもとに分析を行い、取り組みの効果測定ならびに修正を実施することでクオリティを高めるようにしています。

コピペ用本文使用テキスト3

Point

デスメタルバンドにて2年活動。生と死について歌うボーカルの後ろで地味なギターを弾いていました。速弾きが得意です。好きなバンドは何のひねりもなくMetallicaです。

コピペ用本文使用テキスト4

Skills

HTML/CSS Javascript WebGL Ruby Ruby on Rails Photoshop Illustrator InDesign Experience Design Excel

コピペ用本文使用テキスト5(タイトル)

東京の日常フォトセット

コピペ用本文使用テキスト6(概要文)

日本全国を周遊した際のフォトセット。 ひとつの場所に粘りまくってようやく撮れたものばかりで、どれも思い入れのある写真です。

コピペ用本文使用テキスト7

Skills

EOS 5D3 Lightroom

コピペ用本文使用テキスト8(きっかけ)

Beginning

インスタグラムでのいいねを獲得したくて写真を撮り始めました。「どういったものがウケるのか」をひたすら研究した結果、「構図」「瞬間」「レタッチ」を研究すればいけると思い、行動をスタート。Lightroomをいじり、時には1時間以上張り込みながら撮り集めました。

コピペ用本文使用テキスト9(アートディレクション)

Art Direction

インスタグラムで消費される写真は正方形に近いため、作品の多くを縦構図で撮るようにしました。要素が入り交じる東京を一歩引いた目線で見てもらうために、トーンを落としました。人物を中心にしてストーリー性の演出を目指しました。

今日使う参考ポートフォリオ

issuu.com

Learn about Design & Illustrator

スライド

コピペ用テキスト

分かりやすさだけでもなく、見た目だけでもない。私がデザインを制作する上で最も大切にしているのは、相手にとっての最適な「かたち」を提案することです。場合によっては見た目がフィーチャーされ、場合によってはわかりやすさを重視するかもしれません。最適なかたちは、相手への思いやりに私自身のセンスを足すことで生まれると考えます。

ワーク

「アートとデザインのあいだ展」という展示を開催することになりました。 おもにデザイナーを集客しようと考えています。フライヤーを作ってください。

フライヤーに載せたい情報(すべてを選ぶ必要はありません。伝わりやすさを重視して取捨選択しましょう)

名前

アートとデザインのあいだ展

会場

アーツ千代田 3331

コピー

抽象画からデザインまでの系譜をたどる

時期

2017.8.7 木曜日 Thursday

開場時間

11:00-19:00

説明文

アートとはなんだろうか?デザインとは?答えが出ているようで、なかなか即答できない問いだと思う。いっときは、明快な定義があった。つまり、こういうことだ。社会からの需要がある作品をデザインと呼び、そうでないもの――需要が他でもない作者自身にある作品――をアートと呼ぶ、と。しかし、よくよく考えてみれば、それはおかしい定義だと気づくはずだ。なぜなら、歴史上アートを消費してきたのは明らかに社会であったからだ。社会需要とは無縁の場所で創作を続けてきた人もいただろうが、少なくとも現在アートという文脈で語られる作家のうち、創作の目的を自己充足に向けていた者は少数だろう。前置きが長くなったが、本展はアートとデザインの境界を行き交うために企画した。そうすることで、表現の奥底に沈む本質のようなものを掴み取ろうとするためである。5つのエリアに設置された論考をもとに、じっくりと考察を深めていくとしよう。

写真素材などのダウンロードリンク

https://goo.gl/1NomnN

参考

f:id:dorak:20170728063338p:plain

f:id:dorak:20170728063247p:plain